うつ病と薬の関係について考える

回復のヒント

うつ病と薬の関係について書きますが、私は医療関係者ではなく、うつ病の経験者としての観点から、どのように薬と付き合うべきか、ということに重きを置いて、この後の内容を展開していきます。 抗うつ薬や安定剤の仕組みについては前提として説明します。

こちらの記事で、うつ病のメカニズムについて触れました。
うつ病とは、セロトニンの流れが悪い、欠乏しているという状態ととらえ、これを改善することが大事と考えられます(ノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミンの関係もありますが、この段落ではわかりやすくセロトニンのみに絞ります)。セロトニン欠乏に対する、薬物からの治療を考えたとき、注目すべき点は、以下と考えています。

  • どうすればセロトニン神経を活性化できるか?
  • それをどうやって薬によってで改善できるのか

ただ、私の経験では、薬物はあくまで対処療法であり、根治には向かわないと思ってます。辛い症状を緩和するため対処療法として服薬し、寛解を目指す、その状態を維持するものととらえています。薬では限界もあり、最後は人間の治癒力で治すというのが私の見解です。薬によってできること、薬の使い方・付き合い方を知る必要もあると思います。

薬の仕組み

抗うつ薬の仕組み

まず簡単に薬の仕組みについて触れたいと思います。

抗うつ薬ですが、これはセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンの神経伝達を活性化するためのものです。

セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質は、送り手側の神経細胞の末端から受け手側の神経細胞の末端に送られるわけですが、単純に送り出されているのでもありません。

脳の機能は、電気信号を発して情報をやりとりする神経細胞のネットワークによって成り立っています。そのネットワークをつくる神経細胞と神経細胞の接続部をシナプスとよびます 。このシナプスで神経伝達物質がやりとりされます。脳内にあるシナプスには受け手側で受け取られなかった神経伝達物質を、もう1度送り手側に戻すシステム(再取り込み)があり、送り手の神経細胞にもその受容体があります。

抗うつ薬はここに着目されていて、SNRIと呼ばれる種類は、この再取り込みの受容体をふさいで再取り込みの機能を下げて、シナプス間隙に神経伝達物質を増やそうとします。脳内のシナプスの大変狭い隙間で送り手側に再度取り込まれることを防いで、隙間全体の神経伝達物質の量を増やしたりしているのです。

その他にも抗うつ薬については、以下の種類があります。(当ブログでは医学的な専門知識を扱うことはしないので、省略します。)

  • SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
  • SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
  • NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)
  • 三環系抗うつ薬
  • 四環系抗うつ薬

関連する安定剤や睡眠薬

うつ病は、治療中の症状がよくなったり悪化したりを繰り返しやすい病気です。うつ病はさまざまな症状が体に現れる病気です。多くのうつ病患者さんは、神経伝達物質のバランスがとれない影響で、覚醒状態が続いて眠れなくなることがあります。睡眠で疲労を取りたいのに、その睡眠がとれないので非常につらい状態です。
このように不眠の症状が出るときは、うつ病の治療として睡眠薬や安定剤を治療の初期から併用することがあります。不眠の症状をまず緩和させて、症状を取り除きながら、うつ病を治療していくのです。 様々な症状に対して、対処療法のような形で服薬するものです。

私自身、睡眠が満足に取れない状態が長く続いていました。睡眠が取れない状況だと、たまった疲れも抜けずに、悪循環に陥ります。このため睡眠薬、安定剤は長い間手放せませんでした。

薬の付き合い方

薬によってできること

薬を飲むことで、対処療法として症状の緩和をすることができます。これは、安定剤や睡眠薬の働きです。どうしても気分がすぐれない、睡眠がとれずに疲れが取れない。こういうときは薬に頼りましょう。私は、安定剤や睡眠薬はある種、風邪薬のようなものと思ってます。何かの症状に合わせてそれを改善させるために薬に頼る。また、抗うつ薬については、鈍っているセロトニン回路を活性化することができます。

うつ病にかかり、動機が止まらないことがありました。ほかにも気持ちが上向かない、頭痛がとれないなどたくさんの症状が出ていました。安定剤を飲むことで一定限緩和はされます。また自分の体調がよくなったと思い込んで薬を勝手に減らしてしまうと、顕著に元の症状が出ることがありました。 そういう意味でも薬は主治医のコントロールの元適切な量を続ける必要があるのだと思います。

薬による副作用

多くの方がご存じの通り、薬には副作用があります。私の副作用経験を書きます。

抗うつ薬

抗うつ薬については強い副作用がまず初めに出ます。ちなみに私は、頭痛、めまい、蕁麻疹など薬ごとに異なる副作用が出てしまい、その辛さに耐えきれませんでした。徐々に副作用が収まり薬本来としての効果が出てくるものだといわれても、初期の副作用があまりにもひどくこんな薬を飲み続けたら、頭がおかしくなってしまいそう、と思い主治医と相談して抗うつ薬は飲まないことになりました。ただ、抗うつ薬については一通り試しました。SNRI、SSRI、三環系、四環系。私の体質に合いそうなものはなく、抗うつ薬からの治療は諦めました。

安定剤と睡眠薬

うつ病となり仕事中で特に打ち合わせなどがあると、動機がどうしても止まらない。睡眠が満足に取れず、中途覚醒してしまう。疲れが取れずに頭痛がとれないなどたくさんの症状が出ていました。安定剤を飲むことで一定限緩和はされます。 また、睡眠薬が無いと寝れない状態でした。

が、副作用にも悩まされ続けていました。主治医は長期型の安定剤をよく処方していただいていたのですが、長く効果が出る反面、その副作用もずっと出続けることになります。頭の働きがにぶくなっているような感じがし、ずっと疲れが残ったままです。きっと薬の代謝に体のエネルギーをたくさん使っているからと思います。頭痛を取るはずの薬で頭痛がしてしまう。ひと時の睡眠はとれるものの、なんとも矛盾したものです。

人間の治癒力

長く書いてきましたが、さて、ここからが本題です。

ここまで薬について書いてきましたが、最後の最後で根治する(これが一番難しいのですが)というところでは、薬ではできないところだと思います。苦しい状態からの緩和、よい状態の維持は薬に頼るべきですが、最後の最後は人間の治癒力です。薬はあくまで対処療法のためのものです。

私の場合、薬を使って寛解までもっていって、そこでキープしていました。が、最後はうつ病のきっかけとなった出来事を払拭させることが起こり、それによって一気に快方に向かいました。つまっていたセロトニン回路が、幸せを大きく感じることができる出来事が起こりセロトニンの放出が高まって、つまりが一気に押し流されたような感覚です。うつ病になって自信を無くすような出来事も多かったのですが、体調が回復できてその自信を取り戻せることで、過去の嫌な記憶を追いやることができました。最後の回復のところでは、人間の治癒力がすべてと感じました。

私の主治医も薬はなるべく使わない方針でした。人間の治癒力を信じてる先生でした。ただ、どうしても必要な時には積極的に使用し、体調の維持でももちろん薬は出されていました。ですが、人間最終的に治るところまでもってくるのに長い時間はかかりましたが、私はこの主治医について行ってよかったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました